マーケティング・営業戦略・広報・宣伝・クリエイティブ職専門の採用支援はマスメディアン【宣伝会議グループ】

ニュース

マーケティング・営業戦略・広報・宣伝・クリエイティブ職に関連するニュースや、人材業界全般の最新ニュースをお届けします。

ハナマルキ、「マーケティング部リクルーティング室」を新設。マーケティング視点で採用活動を改革

ハナマルキ、「マーケティング部リクルーティング室」を新設。マーケティング視点で採用活動を改革

ハナマルキは、マーケティング部内に採用を担当する組織「マーケティング部リクルーティング室」を新設した。2021年度新卒採用活動より、マーケティング部のメンバーを中心に、営業、商品開発など現場のメンバーで構成する「新卒採用プロジェクト」を行う。

2020.06.04

  • 業界動向
外出自粛で家庭内メディアへの接触が増加、一方折込チラシは半減【読売IS調べ】

外出自粛で家庭内メディアへの接触が増加、一方折込チラシは半減【読売IS調べ】

読売ISは5月11日、新型コロナウイルス感染拡大による生活の変化が新聞や折込チラシをはじめとするメディアの接触にどう影響しているかについて、読売新聞オンライン会員に対して調査を実施した。その結果、家庭内で接触する新聞、テレビなどのメディアでは接触が増加した一方、新聞折込広告は半分以上が減少したことが分かった。

2020.05.26

  • 業界動向
コロナ禍中でも消費者の約6割は「広告宣伝、CM等の自粛を求めない」【原宿サン・アド調べ】

コロナ禍中でも消費者の約6割は「広告宣伝、CM等の自粛を求めない」【原宿サン・アド調べ】

広告会社の原宿サン・アドは、マーケティング調査会社のマイボイスコムと共同で、消費者の企業・広告に対する意識・行動変容の調査分析を実施した。緊急事態宣言発令後、自宅待機を余儀なくされ生活が様変わりしているなか、消費者の企業・広告に対する意識と行動変容を分析した。

2020.05.20

  • 業界動向
6割の企業で広告宣伝費が減少、そのうち3割は全ての広告宣伝活動を停止【Grill調べ】

6割の企業で広告宣伝費が減少、そのうち3割は全ての広告宣伝活動を停止【Grill調べ】

Grillは、新型コロナウイルスの影響を受けた2020年4月の企業の広告宣伝活動についての調査を実施した。その結果、昨年4月と比べて約6割の企業で広告宣伝費が減少、そのうちの約3割の企業では全ての広告宣伝活動を止めていることが分かり、新型コロナウイルスが広告宣伝費に大きな影響を与えていることが明らかになった。その一方で、新しい広告・宣伝手法を検討している企業も増加している。

2020.05.11

  • 業界動向
まだまだ長いクリエイターの労働時間 。クリエイターの働き方2020 Vol.2 【 月刊ブレーン調べ】

まだまだ長いクリエイターの労働時間 。クリエイターの働き方2020 Vol.2 【 月刊ブレーン調べ】

広告クリエイティブの専門誌 月刊『ブレーン』が、2020年1月20日から2月1日まで実施した【クリエイターの働き方2020】アンケートの一部を紹介する。働き方をテーマにした同アンケートには、広告会社、クリエイティブエージェンシー、制作会社(グラフィック、映像、映像、Webなど)に所属する個人のクリエイターを中心に、332人から回答を得た。

2020.03.13

  • 働き方改革
  • 業界動向