マーケティング・営業戦略・広報・宣伝・クリエイティブ職専門の採用支援はマスメディアン【宣伝会議グループ】

ニュース

マーケティング・営業戦略・広報・宣伝・クリエイティブ職に関連するニュースや、人材業界全般の最新ニュースをお届けします。

新人研修に満足できなかった社員のうち、6割以上がすでに転職を検討・実施【ユームテクノロジージャパン調べ】

新人研修に満足できなかった社員のうち、6割以上がすでに転職を検討・実施【ユームテクノロジージャパン調べ】

ユームテクノロジージャパンは、22卒社員の新人研修の満足度調査を実施し、9月29日にその結果を公表した。同調査は新人研修を受けた22卒の新入社員101名を対象に、8月18日から19日の間、インターネット調査にて行われた。この調査結果から、新人研修に満足できなかった社員のうち6割以上がすでに転職を検討・実施していることがわかった。

2022.09.30

  • 業界動向
人手不足状態の企業は49.3%、正規・非正規ともにコロナ禍で最高【帝国データバンク調べ】

人手不足状態の企業は49.3%、正規・非正規ともにコロナ禍で最高【帝国データバンク調べ】

帝国データバンクは、9月26日、「人手不足に対する企業の動向調査」の結果を発表した。同調査は8月18日から31日の間、全国26277社を対象に実施し、有効回答企業数は11935社(回答率45.4%)となった。この調査から、人手不足企業の割合が、正社員・非正社員ともに、2020年4月のコロナ禍以降最も高いことがわかった。

2022.09.30

  • 業界動向
36%の企業がジョブ型雇用制度を採用、実際に運用が進んでるのは78.3%【ラクテス調べ】

36%の企業がジョブ型雇用制度を採用、実際に運用が進んでるのは78.3%【ラクテス調べ】

ラクテスは、9月14日から9月16日の期間で、ジョブ型雇用に関する調査を企業の人事担当者200名を対象に実施し、9月22日にその結果を発表した。この調査から、36%の企業がジョブ型雇用を現在導入・実施しており、78.3%の企業でジョブ型雇用制度の運用が進んでいることがわかった。

2022.10.05

  • 人事
「上司との関係」「人事納得感」が従業員エンゲージメントに影響【アスマーク調べ】

「上司との関係」「人事納得感」が従業員エンゲージメントに影響【アスマーク調べ】

アスマークは、9月7日、従業員エンゲージメントに関する調査を実施し、結果をまとめた資料を公開した。同調査は、7月29日から8月1日の間、全国の会社員560名を対象にインターネット調査にて実施された。調査結果から、男性は若いほど満足度も高く、女性は20代が最も低く年齢が上がるほど増加する傾向が見られた。また、エンゲージメントに影響を与える要因として、「愛着」「やりがい」「成長」が大きな相関を持つほか、「上司との関係」や「人事納得感」も影響が見られた。

2022.09.15

  • 人事
  • 働き方改革
テレワーク制度の導入有無が、転職を決める際の重要な要因に【NTTコム オンライン調べ】

テレワーク制度の導入有無が、転職を決める際の重要な要因に【NTTコム オンライン調べ】

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションとNTTデータ経営研究所が共同で、「新型コロナウイルス感染症と働き方改革」に関する調査を実施し、9月9日、その結果を発表した。同調査は7月1日から11日の間、インターネット調査にて行われ、1103人の有効回答を得た。同調査から、コロナ禍を経てテレワークが浸透し、テレワーク制度導入有無が転職を決める際の重要な要因となっていることがわかった。

2022.09.15

  • 働き方改革
男性育休が進んでいない理由「人員不足」との声が6割。浸透のカギは会社のサポート体制【江崎グリコ調べ】

男性育休が進んでいない理由「人員不足」との声が6割。浸透のカギは会社のサポート体制【江崎グリコ調べ】

江崎グリコは、育休取得の経験者および今後取得予定の男女400名に「男性育休」に関する意識調査を、9月12日に公開した。同調査は、8月1日から3日の間、インターネット調査に実施され、男性200名、女性200名から回答を得ている。同調査から、男性の育休支援が進まない理由として「人員不足」という回答が最も多く得られた。続いて「育休を取りたいと声を上げづらい」 、「会社の支援制度が充実していない」があげられ、会社によるサポートが課題と言える。

2022.09.15

  • 働き方改革
働き方トレンド、「パーパス」への関心が高まる【No Company調べ】

働き方トレンド、「パーパス」への関心が高まる【No Company調べ】

No Companyは、8月25日、パナソニックグループ・noteと共同でトレンドレポート「『はたらく』のいまとこれから2022」を公開した。同レポートは、パナソニックとnoteが共同で行ったコンテストに投稿されたnote記事40000件、SNSでのメディア記事投稿内容の傾向を分析している。この結果から、「パーパスへの関心」「働くモチベーションの変化」「企業を選ぶうえでの価値観」の3つの傾向をまとめた。

2022.09.02

  • 働き方改革
女性管理職の割合9.4%に上昇、政府が目指す「30%」以上の企業は1割弱にとどまる【帝国データバンク調べ】

女性管理職の割合9.4%に上昇、政府が目指す「30%」以上の企業は1割弱にとどまる【帝国データバンク調べ】

帝国データバンクは、7月15日から31日の間、女性登用に対する企業の見解について調査を実施し、調査結果を9月1日に発表した。この調査から、女性管理職の割合9.4%に上昇したことがわかった。一方で、政府が目標として掲げている「女性管理職30%」以上の企業は1割弱にとどまった。

2022.09.02

  • 働き方改革
経産省「伊藤レポート3.0」公開、サステナブルな企業価値創造を目指す

経産省「伊藤レポート3.0」公開、サステナブルな企業価値創造を目指す

経産省は、8月31日、サステナビリティ・トランスフォーメーションの実現に向けた具体的な取り組みを整理した「伊藤レポート3.0(SX版伊藤レポート)」を取りまとめ、発表した。SXの実現に向けた経営の強化、効果的な情報開示や建設的な対話を行うためのフレームワークとして価値協創ガイダンスを改訂することを目指し、昨年11月に立ち上げた「価値協創ガイダンスの改訂に向けたワーキング・グループ」で2回の会合での議論の成果を取りまとめている。

2022.09.02

  • 政府
自社に人権リスクありと認識するも、取り組み実施企業は6割にとどまる【月刊総務調べ】

自社に人権リスクありと認識するも、取り組み実施企業は6割にとどまる【月刊総務調べ】

総務専門誌を発行する月刊総務は、8月9日、全国の総務担当者を対象に「人権リスクに関する調査」を実施し、その結果を公表した。この調査から、自社に人権リスクありと認識する企業は多いが、実際に取り組みをしている企業は6割にとどまることがわかった。

2022.08.22

  • 人事
  • 働き方改革