マーケティング・営業戦略・広報・宣伝・クリエイティブ職専門の採用支援はマスメディアン【宣伝会議グループ】

ニュース

マーケティング・営業戦略・広報・宣伝・クリエイティブ職に関連するニュースや、人材業界全般の最新ニュースをお届けします。

2023年までに社員の喫煙率ゼロへ 大鵬薬品、採用条件に「非喫煙者であること」を追加

2023年までに社員の喫煙率ゼロへ 大鵬薬品、採用条件に「非喫煙者であること」を追加

大鵬薬品工業は、2023年までに社員の喫煙率ゼロの達成を目標に社員の”卒煙”を支援する取り組みを開始した。主な内容は、禁煙外来費用補助、就業時間内の禁煙の徹底、新規採用条件への「非喫煙者であること」の追加など。この取り組みは、「がん領域を主要事業領域とする生命関連企業としての責任と自覚」によるものという。

2020.10.16

  • 働き方改革
広告業界の倒産、4年連続増加の可能性【帝国データバンク調べ】

広告業界の倒産、4年連続増加の可能性【帝国データバンク調べ】

帝国データバンクは、2020年1月~9月の広告関連業者の倒産動向調査の結果を発表した。同期間の倒産件数は108件だった。10月以降も9月までのペースで倒産が発生すると、4年連続で前年を上回る可能性がある。

2020.10.16

  • 業界動向
21卒就活生の7割がSDGsを認知 企業選びにおいて重視する学生は7%【ベイニッチ調べ】

21卒就活生の7割がSDGsを認知 企業選びにおいて重視する学生は7%【ベイニッチ調べ】

ベイニッチが実施した「21卒就活生の選社軸とSDGsの関係性」に関する調査によると、就活生の7割がSDGsを認知していたものの、企業選びにおいて重視するポイントとした学生は7%だった。企業選びにおいて重視したポイントは、「仕事内容が魅力的」が最多の62.4%、続いて「職場の雰囲気が良い」が60.6%、「福利厚生が充実している」が51.4%だった。

2020.10.15

  • 新卒採用
アジア・デジタルメディア賞 朝日新聞デジタルとJX通信社が受賞

アジア・デジタルメディア賞 朝日新聞デジタルとJX通信社が受賞

世界ニュース発行者協会主催の「2020年のアジア・デジタルメディア賞(ADMA2020)」の受賞者を発表された。日本のメディアからは、朝日新聞デジタルの特集「1.17 再現/阪神・淡路大震災」と、JX通信社の「新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数」が受賞した。

2020.10.15

  • 業界動向
「社内報アワード2020」各部門グランプリが決定

「社内報アワード2020」各部門グランプリが決定

wisworksは、主催する「社内報アワード2020」の各部門グランプリを発表した。紙社内報部門・特集・単発企画8頁以上の部では、UACJの「UACJグループ従業員限定紙ラジオ みんなの声、全部聞かせて オールナイト☆UACJ」が受賞した。

2020.10.14

  • インナーコミュニケーション
消費者が最も好意的に受け止めるのはTikTok広告【カンター・ジャパン調べ】

消費者が最も好意的に受け止めるのはTikTok広告【カンター・ジャパン調べ】

マーケティングコンサルティングを提供するKantarが発表した「グローバル広告エクイティランキング」によると、消費者が最も好意的に受け止めるデジタル広告プラットフォームはTikTokであるという。一方、マーケターが最も好むデジタル広告プラットフォームはYoutubeだった。

2020.10.01

  • 業界動向
コンテンツ事業のDX推進。講談社、凸版、CCIが合弁で会社設立

コンテンツ事業のDX推進。講談社、凸版、CCIが合弁で会社設立

講談社、凸版印刷、サイバー・コミュニケーションズは、3社の合弁で、日本語コンテンツと生活者のデータ解析、それに基づくソリューション提供を行う会社・コンテンツデータマーケティングを設立した。

2020.09.30

  • DX
日本の「広告信頼度」は低水準【シノ・ジャパン調べ】

日本の「広告信頼度」は低水準【シノ・ジャパン調べ】

データプラットフォームを開発するSyno Japan(シノ・ジャパン)が発表した「40カ国広告信頼度グローバル調査」の結果によると、日本は他国と比べると、ニュースコンテンツの信頼度が低く、2019年と比べ、日本におけるほぼ全ての媒体の信頼度が悪化したが、とくにテレビのニュースチャンネルのコンテンツに対する信頼度が悪化していた。

2020.09.24

  • 業界動向
コロナ禍でもリアルな「人的魅力」が企業の魅力付けのカギ【電通PR調べ】

コロナ禍でもリアルな「人的魅力」が企業の魅力付けのカギ【電通PR調べ】

電通PR内の企業広報戦略研究所は実施した「第5回魅力度ブランディング調査」の結果によると、企業に魅力を感じる項目は、「人的魅力」、つまり企業を構成する「個人」や事業活動を通じて周囲に感じさせる「法人」としての魅力が37.1%で、5年連続1位となった。

2020.09.23

  • 業界動向
56%の企業が5年以内に管理職の「ジョブ型雇用」を目指す【マーサー・ジャパン調べ】

56%の企業が5年以内に管理職の「ジョブ型雇用」を目指す【マーサー・ジャパン調べ】

組織・人事コンサルティング会社のマーサージャパンが実施した「ジョブ型雇用に関するスナップショットサーベイ」 によると、2020年9月時点で、過半数を超える56%の企業が3~5年後に管理職の雇用のあり方を「ジョブ型」または「どちらかというとジョブ型」へ変えていく方針を持つと回答した。

2020.09.16

  • ジョブ型雇用