AD・HRニュース

「AD・HRニュース」では、広告業界の人材関連ニュースや、人材業界全般の最新ニュースをお届けする情報プラットフォームです。

働き方改革、どこまで進んでいる? 社員のバイタリティを高めるオフィスの取り組み─電通

働き方改革、どこまで進んでいる? 社員のバイタリティを高めるオフィスの取り組み─電通

電通は2017年7月27日、同社の働き方の改善策をまとめた「労働環境改革基本計画-新しい電通を創る改革」を発表した。これは同社で生じた労働問題の原因をひとつひとつ紐解いた上で、改善のための具体的な方針と施策を取りまとめたものだ。

働き方改革,職場環境改善

2018年11月13日(火)掲載

AD
中小企業の4分の1が「働き方改革法案」の残業時間上限に抵触のおそれ―あしたのチーム

中小企業の4分の1が「働き方改革法案」の残業時間上限に抵触のおそれ―あしたのチーム

中小企業の働き方改革をサポートするあしたのチームは、企業の残業削減に関するインターネット調査を2018年5月に実施、8月29日に発表した。発表した結果によると、中小企業の7割で、恒常的または時々、残業が存在しており、月平均30時間以上(年360時間以上)の割合が23.2%という内容だった。

調査レポート,働き方改革

2018年8月31日(金)掲載

HR
人事ノウハウ

人事ノウハウ"Google re:Work"を公開―グーグル

Googleが自社の人事関連のノウハウをまとめたサイト、Google re:Work(リワーク) を公開している。他の組織と情報を共有し、より良い働き方を推進しようとする取り組み。Googleやその他さまざまな組織によって集められた先進事例、研究、アイデアを掲載し、「働くをもっと良いものに」をテーマに、科学やデータ分析を基にした人事施策を公開する。情報を共有することで、同じような人事施策課題に取り組みたいと考える組織を増やすことを目的としている。

働き方改革

2018年8月17日(金)掲載

AD
元労基署監督官の社労士が解説―ケーススタディから学ぶ~管理監督者と労働時間の把握~

元労基署監督官の社労士が解説―ケーススタディから学ぶ~管理監督者と労働時間の把握~

広告会社やテレビ局が労働基準監督署から是正勧告を受けたことが、ニュースになりました。AD・HRニュースの読者である広告・マスコミ業界の経営者・人事担当の皆さまにとっても長時間労働の問題は関心が高いのではないでしょうか。今回、元労働基準監督官で、現在は社会保険労務士として活躍している小菅将樹氏に、労働基準監督署の実態や、企業としての対応策を解説していただきます。第7回は管理監督者と労働時間の把握についてです。(マスメディアン編集部)

社労士コラム,働き方改革

2018年8月1日(水)掲載

HR
社労士が見る時事ニュース―「過労死等の防止のための対策に関する大綱」の変更について

社労士が見る時事ニュース―「過労死等の防止のための対策に関する大綱」の変更について

政府が推進する「働き方改革」によって【副業・兼業】や【テレワーク】などの導入が加速することが予想されます。広告・Web業界は比較的適応しやすい業界。AD・HRニュースの読者である経営者・人事担当の皆さまも注視しているテーマかと思われます。『働き方改革の教科書』の著者である社労士の小宮弘子氏に、時事ニュースを社労士目線で解説してもらいます。

働き方改革,社労士コラム

2018年8月1日(水)掲載

HR
社労士が見る時事ニュース―企業の全面禁煙施策について

社労士が見る時事ニュース―企業の全面禁煙施策について

政府が推進する「働き方改革」によって【副業・兼業】や【テレワーク】などの導入が加速することが予想されます。広告・Web業界は比較的適応しやすい業界。AD・HRニュースの読者である経営者・人事担当の皆さまも注視しているテーマかと思われます。『働き方改革の教科書』の著者である社労士の小宮弘子氏に、時事ニュースを社労士目線で解説してもらいます。

働き方改革,社労士コラム

2018年7月4日(水)掲載

HR

働き方改革法が成立、罰則付き残業規制や高プロを導入ー参議院本会議

6月29日、参院本会議にて「働き方改革」関連法が与党と日本維新の会などの賛成多数で成立した。

働き方改革,政府

2018年6月29日(金)掲載

HR
社労士が見る時事ニュース―勤務間インターバル制(2)

社労士が見る時事ニュース―勤務間インターバル制(2)

政府が推進する「働き方改革」によって【副業・兼業】や【テレワーク】などの導入が加速することが予想されます。広告・Web業界は比較的適応しやすい業界。AD・HRニュースの読者である経営者・人事担当の皆さまも注視しているテーマかと思われます。『働き方改革の教科書』の著者である社労士の小宮弘子氏に、時事ニュースを社労士目線で解説してもらいます。

働き方改革,社労士コラム

2018年6月13日(水)掲載

HR
元労基署監督官の社労士が解説―ケーススタディから学ぶ~研修時間・手待時間の場合~

元労基署監督官の社労士が解説―ケーススタディから学ぶ~研修時間・手待時間の場合~

広告会社やテレビ局が労働基準監督署から是正勧告を受けたことが、ニュースになりました。AD・HRニュースの読者である広告・マスコミ業界の経営者・人事担当の皆さまにとっても長時間労働の問題は関心が高いのではないでしょうか。今回、元労働基準監督官で、現在は社会保険労務士として活躍している小菅将樹氏に、労働基準監督署の実態や、企業としての対応策を解説していただきます。第6回は研修時間・手待時間の未払い賃金が遡及されたケースについてです。

社労士コラム,働き方改革

2018年6月13日(水)掲載

HR
新人事プロジェクトで週休3日制導入・希望者全員テレワーク実施へ―USEN

新人事プロジェクトで週休3日制導入・希望者全員テレワーク実施へ―USEN

株式会社USENや株式会社U-NEXTなどを傘下に置く、株式会社USEN-NEXTHOLDINGSは、働き方改革推進の一環として、6月1日から「WorkStyleInnovation」と名付けた新人事プロジェクトを始動することを発表した。新しく導入された制度では、自身の裁量で週休3日や在宅勤務も可能になる。

企業人事,働き方改革

2018年6月4日(月)掲載

HR
社労士が見る時事ニュース―勤務間インターバル制(1)

社労士が見る時事ニュース―勤務間インターバル制(1)

政府が推進する「働き方改革」によって【副業・兼業】や【テレワーク】などの導入が加速することが予想されます。広告・Web業界は比較的適応しやすい業界。AD・HRニュースの読者である経営者・人事担当の皆さまも注視しているテーマかと思われます。『働き方改革の教科書』の著者である社労士の小宮弘子氏に、時事ニュースを社労士目線で解説してもらいます。

働き方改革,社労士コラム

2018年5月30日(水)掲載

HR
元労基署監督官の社労士が解説―ケーススタディから学ぶ~労災事例・精神障害の場合~

元労基署監督官の社労士が解説―ケーススタディから学ぶ~労災事例・精神障害の場合~

広告会社やテレビ局が労働基準監督署から是正勧告を受けたことが、ニュースになりました。AD・HRニュースの読者である広告・マスコミ業界の経営者・人事担当の皆さまにとっても長時間労働の問題は関心が高いのではないでしょうか。今回、元労働基準監督官で、現在は社会保険労務士として活躍している小菅将樹氏に、労働基準監督署の実態や、企業としての対応策を解説していただきます。第5回はうつ病を発症し自殺してしまった事件が労災認定されたケースについてです。

社労士コラム,働き方改革

2018年5月23日(水)掲載

HR

東京のオフィスを拡張、コーポレート職および技術職で新たに1000人を追加採用―Amazon

アマゾンジャパン合同会社は5月22日、東京のオフィスを拡張するとともに、東京勤務の財務やマーケティングなど、コーポレート職および技術職で1,000人を新規採用すると発表した。

働き方改革,職場環境改善,ダイバーシティ

2018年5月23日(水)掲載

HR

IT企業勤務の28歳社員が過労死、裁量制で最長月184時間残業

5月16日、池袋労働基準監督署が、東京都豊島区のIT企業で働いていた当時28歳の男性社員のくも膜下出血による死亡を、過労死として今年4月に労災認定していたことが分かった。

労務改善,働き方改革

2018年5月21日(月)掲載

HR
経済団体へ多様な選考・採用機会の拡大を協力要請―厚生労働省

経済団体へ多様な選考・採用機会の拡大を協力要請―厚生労働省

厚生労働省は4月24日、日本経済団体連合会に向け、多様な選考・採用機会の拡大に関する周知啓発への協力を要請した。

政府,働き方改革

2018年4月26日(木)掲載

HR
社労士が見る時事ニュース―テレワークの労働時間管理(2)

社労士が見る時事ニュース―テレワークの労働時間管理(2)

政府が推進する「働き方改革」によって【副業・兼業】や【テレワーク】などの導入が加速することが予想されます。広告・Web業界は比較的適応しやすい業界。AD・HRニュースの読者である経営者・人事担当の皆さまも注視しているテーマかと思われます。『働き方改革の教科書』の著者である社労士の小宮弘子氏に、時事ニュースを社労士目線で解説してもらいます。

働き方改革,社労士コラム

2018年4月25日(水)掲載

HR
2018年度の活動方針に「働き方」テーマ―日本アドバタイザーズ協会

2018年度の活動方針に「働き方」テーマ―日本アドバタイザーズ協会

日本アドバタイザーズ協会(JAA)は17日、記者会見を開き2018年度の活動方針について発表した。今回、活動方針のひとつに働き方改善を掲げた。施策としては、3月に発表した広告関係4団体による広告制作取引のガイドラインを推進していく。

働き方改革

2018年4月19日(木)掲載

AD
元労基署監督官の社労士が解説―ケーススタディから学ぶ~労災事例・パワハラの場合~

元労基署監督官の社労士が解説―ケーススタディから学ぶ~労災事例・パワハラの場合~

広告会社やテレビ局が労働基準監督署から是正勧告を受けたことが、ニュースになりました。AD・HRニュースの読者である広告・マスコミ業界の経営者・人事担当の皆さまにとっても長時間労働の問題は関心が高いのではないでしょうか。今回、元労働基準監督官で、現在は社会保険労務士として活躍している小菅将樹氏に、労働基準監督署の実態や、企業としての対応策を解説していただきます。第4回はパワハラで労災認定されたケースについてです。

社労士コラム,働き方改革

2018年4月18日(水)掲載

HR
毎月1回、平日に休業日

毎月1回、平日に休業日"インプットホリデー"導入―電通

電通は2017年度、大規模な労務環境改革を推し進め、一人当たり総労働時間を前年対比135時間削減するなど、一定の成果を挙げている。2018年は2017年の施策を継続実施するとともに、新たに複数の施策を導入することを発表した。

働き方改革,労務改善,HRテクノロジー

2018年4月17日(火)掲載

AD

「時間よりも質を重視」ウェアラブルデバイス活用で集中力を計測、働き方改革に関する実証実験―KDDI

KDDI株式会社は、2018年4月9日より、メガネ型ウェアラブルデバイスJINS MEMEの活用や、世界一集中できる場を目指すワークスペース「Think Lab」のサポートのもと、KDDI社員の「働き方変革」に関する実証実験を開始する。

働き方改革

2018年4月13日(金)掲載

HR
社労士が見る時事ニュース―テレワークの労働時間管理(1)

社労士が見る時事ニュース―テレワークの労働時間管理(1)

政府が推進する「働き方改革」によって【副業・兼業】や【テレワーク】などの導入が加速することが予想されます。広告・Web業界は比較的適応しやすい業界。AD・HRニュースの読者である経営者・人事担当の皆さまも注視しているテーマかと思われます。今回新たに、『働き方改革の教科書』の著者である社労士の小宮弘子氏に、時事ニュースを社労士目線で解説してもらいます。

働き方改革,社労士コラム

2018年4月11日(水)掲載

HR
元労基署監督官の社労士が解説―ケーススタディから学ぶ~従業員の投書から監督指導に至った場合~

元労基署監督官の社労士が解説―ケーススタディから学ぶ~従業員の投書から監督指導に至った場合~

広告会社やテレビ局が労働基準監督署から是正勧告を受けたことが、ニュースになりました。AD・HRニュースの読者である広告・マスコミ業界の経営者・人事担当の皆さまにとっても長時間労働の問題は関心が高いのではないでしょうか。今回、元労働基準監督官で、現在は社会保険労務士として活躍している小菅将樹氏に、労働基準監督署の実態や、企業としての対応策を解説していただきます。第3回は従業員の投書から監督指導に至ったケースについてです。

社労士コラム,働き方改革

2018年4月11日(水)掲載

HR
働き方“開拓”をコンセプトに、「ピボットワーク制度」を導入開始―スープストックトーキョー

働き方“開拓”をコンセプトに、「ピボットワーク制度」を導入開始―スープストックトーキョー

全国に60店舗以上を展開する食べるスープの専門店「Soup Stock Tokyo」を展開するスープストックトーキョーは2018年4月より、「働き方“開拓”」をコンセプトに、人に関わる2つの新制度を全社員に向けて導入すると発表した。

労務改善,働き方改革

2018年4月2日(月)掲載

HR
広告業界の働き方改善に向け、「広告制作取引『受発注』ガイドライン」策定―日本アドバタイザーズ協会ほか

広告業界の働き方改善に向け、「広告制作取引『受発注』ガイドライン」策定―日本アドバタイザーズ協会ほか

日本アドバタイザーズ協会、日本広告業協会、日本アド・コンテンツ制作協会、日本広告制作協会の広告関係4団体は、「広告制作取引『受発注』ガイドライン」を策定したと発表した。これは、広告業務に携わる関係者がこれまでの働き方を見直し、長時間労働を抑制するために取り組んだもの。

機構改革,働き方改革

2018年3月29日(木)掲載

AD
元労基署監督官の社労士が解説―ケーススタディから学ぶ~裁量労働制を対象外の社員に適応した場合~

元労基署監督官の社労士が解説―ケーススタディから学ぶ~裁量労働制を対象外の社員に適応した場合~

広告会社やテレビ局が労働基準監督署から是正勧告を受けたことが、ニュースになりました。AD・HRニュースの読者である広告・マスコミ業界の経営者・人事担当の皆さまにとっても長時間労働の問題は関心が高いのではないでしょうか。今回、元労働基準監督官で、現在は社会保険労務士として活躍している小菅将樹氏に、労働基準監督署の実態や、企業としての対応策を解説していただきます。第2回は裁量労働制を対象外の社員に適応したケースについてです。

社労士コラム,働き方改革

2018年3月22日(木)掲載

HR