マーケティング・営業戦略・広報・宣伝・クリエイティブ職専門の採用支援はマスメディアン【宣伝会議グループ】

  • HOME
  • ナレッジ
  • 採用成功のための一次面接ノウハウ カジュアル面談・面接確約オファー編

採用成功のための一次面接ノウハウ カジュアル面談・面接確約オファー編

マスメディアン編集部 2024.06.24

  • 中途採用
  • 採用ノウハウ
採用成功のための一次面接ノウハウ カジュアル面談・面接確約オファー編
人手不足・売り手市場が続く中、選考のフローが多様化しています。書類選考から一次面接という従来の流れではなく、カジュアル面談を実施したり、「面接確約オファー」を活用して書類選考をスキップしたりする企業も増えています。本記事では、採用成功のための一次面接の準備と考え方について解説します。
人手不足・売り手市場が続く中、採用企業は応募獲得のために工夫を凝らしています。マスメディアンを利用して採用活動を実施している企業でも、一次面接の代替として「カジュアル面談」を実施したり、書類選考をスキップする「面接確約オファー(※)」を実施したりする企業が増えてきました。

選考フローは多様化していますが、重要なのは、選考の各ステップについて、面接官と応募者が共通認識を持って準備をしていること。そこで本記事では、選考のスタート地点であるカジュアル面談・一次面接の準備について解説します。

※面接確約オファー:マスメディアンが実施している応募促進の施策。採用企業の了解のもと、採用要件にマッチする登録者に対して、マスメディアンのコンサルタントが「会社があなたの経歴に興味を持っており、ぜひ面接に来てほしいと言っています。一度会ってみませんか」と声をかけること。
 

一次面接・カジュアル面談に共通する心得

多くの場合、応募者にとって、一次面接官・面談担当者とは「その企業で働いている人の中で、初めて話す相手」です。最初の面談・面接での対応が、企業の第一印象をつくります。仮にご縁がなかったとしても、その後、その応募者がクライアント・顧客になる可能性は十分にあります。お会いする誰に対しても「内定を出す可能性がある」と考え、「良い企業だ」と思ってもらえるようなコミュニケーションを取ると、あらゆる面でプラスになります。

好印象を与える面接をするために、重要なポイントは3つあります。
POINT ・応募者の経歴や志向を面接官が把握していること。
・リラックスして話すことができ、かつ、秘密が守られる環境をつくること。
・募集要項と応募者のスキル・適性・志向がマッチする点・しない点を予想すること。
ここからは、「カジュアル面談」「面接確約オファーからの面接」「通常の面接」に分け、その目的や、おすすめの質問を説明します。
 

カジュアル面談の心得

カジュアル面談は、リラックスした環境でお互いを知る場であり、選考ではありません。「面談」は「選考要素がない」ことを意味します。もし、少しでもお見送りにする可能性があるのであれば、面接を設定しましょう。

カジュアル面談は、求職者の質問や疑問に答える場とされることが多いです。その時、面談担当者は、相手に興味を持ち、「採用ターゲットはどんな志向で、自社の何に興味を持つのか」を知るつもりで会話をすると、採用企業にも有意義な場となるでしょう。
 

面接確約オファーからの面接の心得

面接確約オファーを送った応募者との面接の場合によくあるトラブルが、選考に対するスタンスがすれ違ってしまうこと。応募者は、面接の意思があるとはいえ、「声をかけられたから興味を持った」のであり、「ぜひ入社したい」という温度感ではありません。そこで「なぜ自社に応募したのか」を詳しく聞いても、いい回答は得られません。

そこでおすすめするのは、企業と求職者、それぞれのキャリア・仕事にフォーカスすることです。まずは面接官から、事業内容や募集ポジションの業務内容を紹介しましょう。また、求職者にこれまでのキャリアやご自身の強み、今回の転職で実現したいことを聞き、自社でその強みが活かせそうかを一緒に考えられると、意向が上がります。また、求人票のなかで興味を持ったポイントを質問すると、自社とのマッチングの見極めに役立ちます。

反対に、避けたほうがよいのは、志望動機の深堀りです。先述の通り、応募企業への入社意思はまだ高まっていない状態ですので、よいコミュニケーションになりません。志望動機は二次面接で確認しましょう。一次面接の内容を踏まえた志望動機を聞けるので、自社での中長期的なキャリアをイメージできているか判断できます。
 

通常の一次面接の心得

先述の3つのポイントを抑えると、応募者にとって好印象です。面接後に応募者の入社意向が高まる企業は、面接はお互いを知るための場であると捉え、積極的に企業や事業の紹介をし、応募者と会話をしているケースが多いです。

面接成功事例

マスメディアンでご支援してきた企業さまの面接成功事例をご紹介します。
デザイナー(インハウス、Webサービス企業、デザイン事務所)の面接成功事例 
デザイナー(ブランディングエージェンシー、広告制作会社)、コピーライターの面接成功事例
マーケター・クリエイター採用の極意 

インハウスクリエイター採用の極意 

よりよい面接を実施し、採用成功につなげたい企業さまへ

カジュアル面談と面接は、選考要素の有無という違いはありますが、いずれも企業と応募者がお互いを理解し、マッチングを確認する重要なプロセスです。適切な準備を行うことで、双方にとって有益な場にできます。
 
マスメディアンなら、候補者一人ひとりに合わせた準備や面接方法のアドバイスが可能です。はじめてカジュアル面談を実施する企業さまや、面接の内容をブラッシュアップしたい企業さまはお気軽にご相談ください。
コンサルタントに相談する