AD・HRニュース

メルカリの人材・文化担当役員がSHOWROOMの新COOに就任

マスメディアン編集部 2019年11月1日(金)

SHOWROOMは、2019年11月1日付けで、唐澤俊輔氏(元株式会社メルカリ 執行役員VP of People & Culture 兼 社長室長)が、COO(最高執行責任者)として入社することを発表した。

唐澤氏は、大学卒業後、日本マクドナルド株式会社に入社し、28歳にして史上最年少で部長に抜擢。2014年からの経営再建中には、社長室長やマーケティング部長の立場から、全社のV字回復に貢献。2017年から株式会社メルカリに入社し、2018年4月より執行役員VP of People & Culture 兼 社長室長として、人事全般および組織開発の責任者を務め、組織の急成長やグローバル化の推進に取り組んでいた。SHOWROOMでは、COO(最高執行責任者)として、既存・新規双方の事業成長を牽引すると共に、コーポレート機能全般に責任を持ち、事業と組織の成長を推進していく。
 
今回の唐澤氏の入社に伴いSHOWROOMでは、代表取締役社長の前田裕二と、CTO(最高技術責任者)の佐々木康伸の2名による経営体制から、COOの唐澤を加えた3名を中心とした新経営体制へ移行する。