• HOME > 
  • AD・HRニュース > 
  • アイウェアのOWNDAYS、新卒の一律給与体系を廃止し、能力給与体系を導入

AD・HRニュース

アイウェアのOWNDAYS、新卒の一律給与体系を廃止し、能力給与体系を導入

マスメディアン編集部 2019年9月9日(月)

アイウェアの製造販売を手掛けるOWNDAYSは、2020年4月以降に入社する新卒社員から従来の一律初任給体系を廃止し、個人の能力別給与体系を導入することを発表した。

給与体系は、店舗での販売担当から本社勤務の専門的な役職まで、全職種が対象。個人の能力や経験に応じ、将来性や事業との相乗効果などを独自の基準で判断していく。入社前の内定インターンシップでも技術力や実績を考慮し、内定者に対し適正なオファー(給与)を提示。エンジニア、経理、デザイナー、映像制作などの本社勤務の職種では、月給は最大で50万円支給し、最大年収は600万円になる。

OWNDAYSは「国内外で事業を展開する企業として今後さらに成長し出店を加速していくためには、より優秀な人材を確保することが重要。学生たちの経験は十人十色であるにも関わらず、一律の初任給で評価することは適切ではないと考えている」とコメントを発表。本取り組みにより、いち早く経営のトップランナーとなるような優秀な人材を確保し、さらなる事業向上を目指していく。