• HOME > 
  • AD・HRニュース > 
  • イルグルム、働き方改革と創造の新拠点「YRGLM KYOTO BASE」を開設

AD・HRニュース

イルグルム、働き方改革と創造の新拠点「YRGLM KYOTO BASE」を開設

マスメディアン編集部 2019年8月27日(火)

マーケティングロボットの提供を行うイルグルム(旧ロックオン)が、京都府京都市内に、働き方改革と創造をテーマとする新拠点「YRGLM KYOTO BASE」を開設した。

同社では、全社員の取得が義務付けられている「山ごもり休暇制度」をはじめ、会社に籍を置きながらまったく異なる環境下で活動ができる最大2年間の長期休職制度「武者修行制度」などのユニークな社内制度を通して、新しい働き方と社員の生産性向上を推進してきた。最近では、5つの勤務パターンから出社時間を自由に選択できる「時差通勤制度」や社員の意思による自発的なキャリア形成を支援する「社内公募制度」、子育て世代を対象にした「一部在宅勤務」も導入している。

今回、さらなる働き方改革の一環として、働く場所にとらわれない多様な働き方の推進を目的に「YRGLM KYOTO BASE」を開設した。京都への出張者の活動支援はもちろん、リモート勤務や集中スペースとして全社員に開放しており、大阪と東京の両本社オフィスに次ぐワーキングスペースとして、フレキシブルな働き方を推進していく。

京都には教育機関が多く、優秀な学生が数多く在籍している上、IT企業による京都拠点の開設が増えたことから、技術系人材も集まりつつある。「YRGLM KYOTO BASE」は、企画や研究を行うエンジニアを中心に、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」の研究拠点としても活用していくと述べている。本拠点をベースとした、新たな出会いと新しい価値を創出を目指すとした。