AD・HRニュース

女性就業者、初の3000万人越えを記録

マスメディアン編集部 2019年8月2日(金)

総務省が7月30日に発表した、労働力調査によると6月の女性の就業者数が3003万人を記録し、初の3000万の大台を越えていることが明らかになった。

総務省によると、6月の就業者の数は6747万人となり、前年同月に比べ60万人増加しており、過去最多を記録している。女性就業者の年齢別の内訳は、15~64歳が2644万人で前年同月より51万人の増加、65歳以上の就業者数は359万人となり、同比よりも3万人増加となっており、15~64歳の就業者が大きく増加していた。