• HOME > 
  • AD・HRニュース > 
  • 先進的なCMO擁する企業、他社より11%高い株主利益を創出【アクセンチュア調べ】

AD・HRニュース

先進的なCMO擁する企業、他社より11%高い株主利益を創出【アクセンチュア調べ】

マスメディアン編集部 2019年6月7日(金)

アクセンチュアの最新の調査によると、先進的な考えを持つCMO(最高マーケティング責任者)を擁する企業は、1人ひとりの趣味や趣向に合った顧客体験を最適なタイミングで提供することで、競合他社より11%高い株主利益を創出していることが明らかになった。

こうした先進的なCMOは、優れた顧客体験を実現するための組織間コラボレーションを促すことで、変わりゆく顧客ニーズにすばやく対応できる体制づくりに貢献している。

また、調査では先進的なCMOは、他のCMOに比べて、没入型体験のデザイナー、ストーリーテラー、グロースハッカー、フューチャロロジスト(トレンド・セッター)、人工知能デザイナーといった役割やスキルがさらなる成長に必要だと考える割合が高いことが判明した。

 

アクセンチュアのカスタマー・インサイト&グロース部門でマネジング・ディレクターを務めるマイリ・マキューアンは、「CMOが取るべきアクションは、顧客から得られた洞察とアナリティクスを組み合わせて将来像を形作ること、従業員や組織のマーケティング力および販売力を高めること、パートナーシップを利用して革新的な製品やサービス、ソリューションを生み出すこと、コスト効率の高い技術を使って拡張可能かつパーソナライズできるマーケティング・プログラムを実行することの4つである」と述べている。