AD・HRニュース

変わる就活、春の新卒一括採用見直しへ─経団連

マスメディアン編集部 2019年4月22日(月)

経団連は4月22日、産学協議会の第2回会合を開き、春の新卒一括採用に偏り過ぎている慣行から脱却し、中間報告を取りまとめた。

産学協議会の会合では、採用と教育の在り方を大学と話し合うとして設けられており、今後新卒の一括採用に偏り過ぎず、複数方式による採用へ移行する旨を盛り込んだ中間報告を取りまとめた。そのため、IT企業などで目立つ通年採用が広がる見通しで、学生の就職活動に大きく影響すると考えられる。

経団連の中西宏明会長

経団連の中西宏明会長は協議会終了後に「ルールがないのは困るが、多様性は非常に重要だ」と述べ、中間報告は政府の未来投資会議の議論に反映される。協議会では、作業部会を今後設置し、学業優先のため学生が就活時期を主体的に選択できるような仕組みを検討していく。