• HOME > 
  • AD・HRニュース > 
  • 新人育成に投資「成長株育成プロジェクト」をスタート─ADKホールディングス

AD・HRニュース

新人育成に投資「成長株育成プロジェクト」をスタート─ADKホールディングス

AD

マスメディアン編集部 2019年4月16日(火)

ADKホールディングスは、社員一人ひとりの個性に合わせ、最大限の成長を支援したいという考えから、2019年4月に入社した新入社員の育成を制度化し、育成効果を高める「成長株育成プロジェクト」をスタートさせる。

働き方改革法案が施行され、さらなる生産性向上や効率化が求められる中、ADKグループは、「人材こそが会社の価値を高める」という考えのもとで、これまで以上に「育成」に取り組むべきと考え、今回の「成長株育成プロジェクト」を企画した。

具体的な制度として、新人の成長を見える化する「成長株報告書」、「成長株主総会」の実施をはじめ、育成担当者が継続的に育成担当した新人の成長に関与する仕組みの「成長株配当」、業務では得られないスキル習得のための「育人休暇」をスタートさせる。

10月には「成長株育成プロジェクト」の成果を見える化するイベントも予定するなど、社内外問わずに「人材育成の大切さ」を発信していく狙いだ。