AD・HRニュース

4月より新たにChief Digital Officerを設立─住友商事

HR

マスメディアン編集部 2019年4月1日(月)

住友商事は、2019年4月1日付で新たな役職としてChief Digital Officer(CDO)を設けたことを発表した。

新設のポジションであるCDOは、住友商事が掲げる成長戦略の重要基盤となる全社デジタル戦略の企画・立案・推進を担当する責任者だ。住友商事グループ内外の人材を戦略的に投入し機能強化したDXセンターを統率し、6営業部門及び国内外地域組織と共に全社のデジタルトランスフォーメーションの推進を行う。そして、既存事業の変革や新規事業開発の推進を図る狙いがある。

また4月1日に新たに開設した「MIRAI LAB PALETTE」も、デジタル戦略の一環であり、住友商事グループ内に留まらず、多様な外部パートナーとのオープンイノベーションの実現を目指す取り組みだ。