• HOME > 
  • AD・HRニュース > 
  • 副業解禁から1年、副業解禁を知っていたのは34%─Catch the Web

AD・HRニュース

副業解禁から1年、副業解禁を知っていたのは34%─Catch the Web

HR

マスメディアン編集部 2019年3月14日(木)

「月刊副業」を運営するCatch the Webは、事実上の副業解禁である、厚生労働省による「副業・兼業の促進に関するガイドライン」公表から1年が経過したことを受け、日本の正社員における副業意識の変化と、副業の実態を調査した。

その結果、事実上の副業解禁である「副業・兼業の促進に関するガイドライン」が公表されたことを知っていると答えたのは34%に留まり、66%の人が知らないということが明らかになった。一方で、「副業を禁止している会社に魅力を感じるか?」と伺ったところ、95%の人が「魅力的ではない」と回答しており、また副業に興味がある、または既に副業をしている人たちは全体で約9割おり、多くの人たちが副業に対して関心を示しているという結果になった。