• HOME > 
  • AD・HRニュース > 
  • 広告業界の就活フェス開催! 企業10社、学生1400人が参加─マスナビ

AD・HRニュース

広告業界の就活フェス開催! 企業10社、学生1400人が参加─マスナビ

マスメディアン編集部 2019年2月28日(木)

広告・Web・マスコミ業界専門の就活支援サービス「マスナビ」を運営するマスメディアンは2月21日、広告界就活フェスin東京を開催、当日は述べ1400人以上の学生が集まった。

今回参加した企業は、ADKホールディングス、アイ・エム・ジェイ、クオラス、ENJIN、電通、クレオ、ジェイアール東海エージェンシー、電通パブリックリレーションズ、トライバルメディアハウス、博報堂/博報堂DYメディアパートナーズの計10社。各企業は業界の仕組みや会社の持つ役割、手がけた案件などを説明、さらに学生たちの質疑応答の時間も設けられた。

今年の説明会では、「YouTuber」などのインフルエンサーと取り組んだ案件や、Google・Apple・Facebook・Amazonを指す総称の「GAFA」など、近年の耳馴染みがあるキーワードが飛び交う場面が多く、広告業界が変化していることをアピールする企業が多く見受けられた。2020年春に卒業する学生たちは、2019年3月より採用情報が解禁されるため、それに対する質問も多く、説明会終了後に採用担当者に話を聞きに行く学生が殺到した。

参加した学生たちからは、「1企業の時間が非常に長く、その企業についてよく知ることができた」、「いまの広告業界に求められていることとその仕組みがよくわかった」「実際に働いている人たちがどんな人たちなのかの人柄もわかって、良かった」などの意見が寄せられた。