• HOME > 
  • AD・HRニュース > 
  • Chief Business Transformation Officerにカンヌ・ライオンズなど受賞歴多数のエマヌエル氏―電通アイソバー

AD・HRニュース

Chief Business Transformation Officerにカンヌ・ライオンズなど受賞歴多数のエマヌエル氏―電通アイソバー

AD

マスメディアン編集部 2018年4月25日(水)

電通アイソバー株式会社は4月25日、カンヌ・ライオンズ2部門でグランプリ受賞など、国際的な広告賞で数多くの受賞歴のあるエマヌエル・フローレス・エリアス氏が、Chief Business Transformation Officer(チーフ ビジネス トランスフォーメーション オフィサー)として就任したことを発表した。
 
エマヌエル氏は、世界各地の企業で最先端技術を活用したプロダクトマネジメントを行っている人物。前職はJ. Walter Thompson Amsterdamのイノベーションマネージャーとして、企業のデジタルトランスフォーメーションの促進に従事。電通アイソバーは、同氏が持つ、アジャイル開発など今後さらに重要性が高まる分野での知見を活かし、サービスを進化させることで、クライアントのビジネス上の課題をデジタルの力で解決していくとしている。

電通アイソバーCBTO エマヌエル フローレス・エリアス氏
メキシコ出身。ヨーロッパにて19年間、アジャイル開発の知見を活用し、プロダクト開発等に携わる。2016年のカンヌ・ライオンズにて、2部門のグランプリとイノベーション・ライオンを獲得。その他50以上の国際的な広告賞を受賞。中国上海・同済大学 インタラクション・デザイン 客員教授。

AD・HRニュースのメルマガ配信を希望する