• HOME > 
  • AD・HRニュース > 
  • 副業・兼業のガイドラインとモデル就業規則などを公表―厚生労働省

AD・HRニュース

副業・兼業のガイドラインとモデル就業規則などを公表―厚生労働省

HR

マスメディアン編集部 2018年2月1日(木)

厚生労働省は、昨年実施した柔軟な働き方に関する検討会の内容を踏まえて、副業・兼業のガイドラインやモデル就業規則などを発表した。

ガイドラインでは、原則として副業・兼業を認めることを基本方針としている。また副業・兼業を禁止、一律許可制にしている企業は、副業・兼業が自社での業務に支障をもたらすものかどうかを改めて精査した上で、そのような事情がなければ、労働時間以外の時間については、労働者の希望に応じて認める方向で検討することが示唆する内容となっている。

モデル就業規則では、上記内容を実施するための各規定が整理されている。また、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」パンフレットも、併せて公表されており、副業・兼業に関するメリット・デメリットや、過去の裁判例などがまとめられている。

AD・HRニュースのメルマガ配信を希望する