• HOME > 
  • AD・HRニュース > 
  • キリンが協賛の学生のマーケティング企画コンテンスト、東北芸術工科大学がグランプリに―マスメディアン

AD・HRニュース

キリンが協賛の学生のマーケティング企画コンテンスト、東北芸術工科大学がグランプリに―マスメディアン

AD

マスメディアン編集部 2018年1月31日(水)

キリンが協賛の学生のマーケティング企画コンテンスト、東北芸術工科大学がグランプリに―マスメディアン

広告・Web・マスコミ業界をめざす学生のための就職支援サービス「マスナビ」を運営するマスメディアンは1月27日、マーケティング企画コンテスト「マスナビチャレンジ2018」の最終大会をキリン本社で開催した。

参加したのは91チーム、計367名の予選を勝ち抜いた上位11チーム、44名の大学生。学生たちは審査員を務める、キリンのマーケティング部や広告会社のプランナーの前で、各10分間のプレゼンテーションをした。

初開催となるマスナビチャレンジは、大学低学年時からのマーケティングへの興味喚起を目的としている。キリンの特別協賛を得た今回の課題は、「大学生・専門学生がコーヒーを飲みたくなる企画」。全国の学生から企画を募集し、東京近郊の大学に留まらず、北海道や九州地域からも多くの学生の応募があった。今回、優勝したのは東北芸術工科大学から参加したチーム「TUAD coffee部」。学生のインサイトの深掘りや、アイデアの機能性と新規性、実現可能性が評価された。


そのほか準グランプリには千葉大学大学院「学生にコーヒー飲ませ隊」チーム、特別審査員賞には京都大学「同じゼミ」チーム、江戸川大学「江間ゼミA」チーム、東京学芸大学・デジタルハリウッド大学・東京理科大学大学院の連合「ただとかいとうとひらまつ」チームが選ばれた。

審査員は総評として「年間で何本もビジネスコンテストの審査をしているが、お世辞ではなく、本当にレベルが高かった。また地方の学生の参加も多く、学びが多いコンテストだった」とコメント。学生のアンケートからは「企画を考えることの楽しさ、面白さを、身をもって感じられる大会だった。チャンスがあれば、来年も参加したい」など、前向きな声が多くみられ、満足度の高い大会となった。

「マスナビ」は、マーケティング・クリエイティブに関心をもつ学生が利用する広告・Web・マスコミ専門の就職応援サービス。企業情報の掲載や業界研究セミナーを年間で約300回実施し、業界の就職に役立つ情報やイベントを提供している。

AD・HRニュースのメルマガ配信を希望する