• HOME > 
  • AD・HRニュース > 
  • 「社畜あるある」をテーマとしたPR動画公開―中小企業基盤整備機構

AD・HRニュース

「社畜あるある」をテーマとしたPR動画公開―中小企業基盤整備機構

HR

マスメディアン編集部 2018年01月25日(木)

独立行政法人中小企業基盤整備機構は1月24日(水)、認知向上を目的としたPR動画『社畜ミュージアム』を公開した。中小機構は、中小企業の発展と地域振興の実現に向け、創業や新事業展開、販路開拓などをはじめとする中小企業のニーズに対し、経営アドバイスやファンドを通じた資金提供など行う独立行政法人。今回の動画では、長時間労働、サービス残業など劣悪な労働環境により、不健全になってしまった会社によくいる社員たちの様子をアート作品で表現。それら複数展示した美術館という設定の動画となっている。

著名な絵画や彫刻などのアート作品をモチーフに、曲はモーツァルト作曲のレクイエムの1つ「怒りの日」を使用している。「進捗モンスター」や「月曜、襲来。」などのネーミング、キャッチコピーで社畜あるあるをテンポよく表現した。

『寝てない自慢大会』:「昨日3時間しか寝てないわー」「オレなんて2時間だし」など睡眠時間を競い合う大会。

ラストでは「働く人を、もっと笑顔に。」「日本の中小企業を支えたい。」というキャッチコピーで動画が締められた。中小企業が抱えるさまざまな問題に対して、積極的に支援していきたいという中小機構のメッセージが込められている。
 

AD・HRニュースのメルマガ配信を希望する