AD・HRニュース

「AD・HRニュース」では、広告業界の人材関連ニュースや、人材業界全般の最新ニュースをお届けする情報プラットフォームです。

NEW
大企業のデジタルマーケティング取り組み実態調査。75.5%がデジタルマーケティングは「ビジネスに貢献している」と回答【富士通総研調べ】

大企業のデジタルマーケティング取り組み実態調査。75.5%がデジタルマーケティングは「ビジネスに貢献している」と回答【富士通総研調べ】

富士通総研は、大企業におけるデジタルマーケティングの成果を出すポイントを探ることを目的に取り組み実態の調査を行った。その結果、デジタルマーケティングを実践しているマーケター1,294人の回答から、担当しているデジタルマーケティングは「ビジネスに貢献している」と75.5%が考えていることが明らかになった。

調査レポート

2020年1月21日(火)掲載

AIを導入しなければ2025年までに業績低下のリスク、日本企業の77%が認識【アクセンチュア調査】

アクセンチュアは最新調査「AI: Built to Scale」の調査レポートを発表した。

調査レポート

2019年12月26日(木)掲載

働き方改革は道半ば。全国20代・30代向けオンラインアンケート実施【ロックシステム調べ】

働き方改革は道半ば。全国20代・30代向けオンラインアンケート実施【ロックシステム調べ】

大阪市福島区のITシステム会社であるロックシステムは2019年12月中旬、全国20代・30代の男女1000人に関するオンラインアンケートを実施した。

調査レポート

2019年12月26日(木)掲載

成長のカギは「人材」と「キャッシュレス」。中堅企業調査レポート2019【アメリカン・エキスプレス調べ】

成長のカギは「人材」と「キャッシュレス」。中堅企業調査レポート2019【アメリカン・エキスプレス調べ】

アメリカン・エキスプレス・インターナショナルは、中堅企業の部長職以上を対象とした「中堅企業調査」を実施した。

調査レポート

2019年12月25日(水)掲載

世界の平均昇給率は4.9%増加。2020年版「世界の報酬動向調査」【コーン・フェリー調べ】

経営コンサルティング会社コーン・フェリーは、同社が有する、130カ国以上、2万5,000社に及ぶ報酬データベースを調査し、2020年版の「世界の報酬動向調査」を発表した。

調査レポート

2019年12月18日(水)掲載

日本企業の70%が着手! 2019年版デジタルトランスフォーメーション調査【電通デジタル調べ】

日本企業の70%が着手! 2019年版デジタルトランスフォーメーション調査【電通デジタル調べ】

電通デジタルは、日経BPコンサルティングに委託し「日本における企業のデジタルトランスフォーメーション調査(2019年度)」を実施し、同調査レポートより一部調査結果を発表した。

調査レポート,

2019年12月18日(水)掲載

4割以上が「業務量の増加」を実感。上場企業の部長が抱える悩みとは?【産業能率大学調べ】

4割以上が「業務量の増加」を実感。上場企業の部長が抱える悩みとは?【産業能率大学調べ】

日本有数の研修・コンサルティング機関である産業能率大学は、上場企業に勤務している部長を対象として職場の状況や部長自身の意識に関するアンケートを実施。調査結果を「上場企業の部長に関する実態調査」としてまとめた。

調査レポート,労務改善

2019年12月16日(月)掲載

「8割の日本人が終業後にも仕事をしている」日本の労働生産性を高めるために必要なものとは?【asana調べ】

「8割の日本人が終業後にも仕事をしている」日本の労働生産性を高めるために必要なものとは?【asana調べ】

チーム向けワークマネジメントプラットフォームを提供する業界大手のAsana Japanは、世界6カ国で実施した働き方に関する調査「仕事の解剖学」について日本の結果を発表した。日本では、生産性に対する自己認識の低さなどの労働環境の課題や特徴について他国との差異が表れた。

調査レポート,労務改善

2019年12月3日(火)掲載

「従業員数と従業員エンゲージメントの関係」に関する研究結果を公開。組織を発展させる鍵はミドルマネジャーにあり【リンクアンドモチベーション調べ】

「従業員数と従業員エンゲージメントの関係」に関する研究結果を公開。組織を発展させる鍵はミドルマネジャーにあり【リンクアンドモチベーション調べ】

リンクアンドモチベーションの研究機関モチベーションエンジニアリング研究所は「従業員数と従業員エンゲージメントの関係」に関する調査を行った。

調査レポート

2019年12月2日(月)掲載

約6割の企業がデジタルトランスフォーメーションへの取り組みを推進中【Sansan調べ】

約6割の企業がデジタルトランスフォーメーションへの取り組みを推進中【Sansan調べ】

Sansanは、企業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組み状況を調査した。その結果、DXに取り組む企業は約6割で、約8割以上はDXに意欲的な姿勢を示していることが明らかになった。

調査レポート

2019年11月29日(金)掲載

東京五輪に関する企業の意識調査、期間中の働き方は「通常どおりの勤務」が半数超え【帝国データバンク調べ】

東京五輪に関する企業の意識調査、期間中の働き方は「通常どおりの勤務」が半数超え【帝国データバンク調べ】

帝国データバンクは、2020年7月から9月にかけて開催される東京オリンピック・パラリンピックに関する企業の見解について調査を実施した。

調査レポート

2019年11月28日(木)掲載

職場ルールについての調査を実施。過半数が「服装に決まりがある」と回答

職場ルールについての調査を実施。過半数が「服装に決まりがある」と回答

日本労働組合総連合会は、職場における服装・身だしなみや旧姓・通称使用についての決まり・ルールに関する意識や実態を把握するため、「社内ルールにおける男女差に関する調査」を実施した。

調査レポート,職場環境改善

2019年11月19日(火)掲載

企業の包括性と多様性を表す指標をカンターが発表。トップはカナダ

企業の包括性と多様性を表す指標をカンターが発表。トップはカナダ

WPPグループのマーケティング・リサーチ会社であるカンターは、世界各国の就労環境調査を行い、企業のインクルージョン(包括性)とダイバーシティ(多様性)を表す指標、「カンター・インクルージョン・インデックス」を発表した。

調査レポート

2019年11月19日(火)掲載

平成30年の年次有給休暇の取得率は52.4%を記録。前年よりも上昇

平成30年の年次有給休暇の取得率は52.4%を記録。前年よりも上昇

厚生労働省は、平成31年「就労条件総合調査」の結果を取りまとめ、発表した。その結果、平成30年の年次有給休暇の平均取得率が52.4%を記録し、前年に比べて1.3ポイント上昇した。

調査レポート,働き方改革,

2019年11月8日(金)掲載

ブラック企業に関する調査。労働者がブラック企業と判断する3つの要素とは?

ブラック企業に関する調査。労働者がブラック企業と判断する3つの要素とは?

大阪にあるシステム会社である、ロックシステムは全国1000人の男女に対し「ブラック企業に関するオンラインアンケート」を行った。その結果、労働者がブラック企業と感じる要素は大きく3つあることが判明した。

調査レポート,働き方改革

2019年10月31日(木)掲載

マネージャーよりもロボットを信頼する社員は6割を越える。オラクルが調査レポートを発表

マネージャーよりもロボットを信頼する社員は6割を越える。オラクルが調査レポートを発表

オラクルと調査会社であるFuture Workplaceが共同で実施した、「職場におけるAI(人工知能)」に関する年次調査が公開された。

調査レポート,AI

2019年10月31日(木)掲載

男性の育休の実態調査。両立を理想とするも、現実はそれを大きく下回る結果に

日本労働組合総連合会は、男性の家事や育児参加に関する意識や実態を把握するため、男性の家事・育児参加に関する実態調査を行った。

調査レポート,働き方改革

2019年10月11日(金)掲載

退職率低下の鍵は企業と社員の相互理解。リンクアンドモチベーションの調査結果

退職率低下の鍵は企業と社員の相互理解。リンクアンドモチベーションの調査結果

リンクアンドモチベーションの研究機関モチベーションエンジニアリング研究所は「企業の従業員の相互理解度である、エンゲージメントと退職率の関係」に関する調査を行った。

調査レポート

2019年10月11日(金)掲載

隣の芝生は青く見える。他企業への羨望度の調査

隣の芝生は青く見える。他企業への羨望度の調査

与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスターは、第2回「隣の芝生(企業)は青い」調査結果を発表した。

調査レポート

2019年10月7日(月)掲載

100年後も生き残る平成生まれの日本企業調査、1位は?

100年後も生き残る平成生まれの日本企業調査、1位は?

与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスターは、第1回「100年後も生き残ると思う平成生まれの日本企業」調査結果を発表した。

調査レポート

2019年10月3日(木)掲載

平成30年度の長時間労働が疑われる事業場への監督指導結果。厚労省が発表

平成30年度の長時間労働が疑われる事業場への監督指導結果。厚労省が発表

厚生労働省は、平成30年度に長時間労働が疑われる事業場に対して労働基準監督署が実施した、監督指導の結果を取りまとめ、公表した。

調査レポート,政府,働き方改革

2019年10月1日(火)掲載

イマドキ社員はなにが違う? 新入社員に対する仕事の意識調査

イマドキ社員はなにが違う? 新入社員に対する仕事の意識調査

日本能率協会マネジメントセンターは、2018~2019年に入社した新入社員404名、新入社員の育成に関わる上司・先輩社員621名に対し、新入社員の意識と行動、指導者の指導と育成に関するアンケート調査を実施した。

調査レポート,人材育成

2019年10月1日(月)掲載

社員の55%が「デジタルシフト」の意識が低い会社では働きたくないと回答。デジタルシフトへの意識調査

社員の55%が「デジタルシフト」の意識が低い会社では働きたくないと回答。デジタルシフトへの意識調査

オプトホールディングは、20~60代の経営者・会社員計300名を対象に、「企業のデジタルシフトに関する調査」を実施した。

調査レポート,職場環境改善

2019年9月25日(水)掲載

最も積極活用したいのは「シニア人材」。人手不足に対する企業の見解を調査

最も積極活用したいのは「シニア人材」。人手不足に対する企業の見解を調査

帝国データバンクは人手不足の解消に関する企業の見解について調査を実施した。その結果、積極的に活用したい人材として、「シニア」が最も高い結果を示した。

働き方改革,調査レポート

2019年9月17日(火)掲載

新時代の採用要件になるか!? ディグラム・ラボが「変進力」に関する調査を実施

新時代の採用要件になるか!? ディグラム・ラボが「変進力」に関する調査を実施

心理学と統計学を組み合わせた性格診断「ディグラム診断」を独自に考案したディグラム・ラボは20~50代の男女3000名を対象に「変進力」に関する調査を実施した。

調査レポート

2019年9月17日(火)掲載